葬儀一式の価格帯教えます相模原市の場合

人が亡くなるのは時と場所を選ばないため、葬儀も十分な余裕もなく突然に準備しなければならなくなることがほとんどです。このときにネックとなってくるのが、やはり高額な費用をどうするのかという問題です。実際に喪主になってみればわかることですが、単に祭壇を用意するだけでは終わらず、葬祭業者からさまざまな物品やサービスの提供を受けなければ、一通りの儀礼を執り行うことは困難です。そのため最初の段階から詳細な費用の見積もりをしてもらい、予算との兼ね合いのなかで適当なプランを選択する必要があります。 相模原市内で行う場合、プランによって大幅に価格が異なるのはもちろんですが、葬祭業者そのものの選び方でも大きく予算をオーバーするか、それとも節約になるのかが決まりますので、複数の業者がある場合は比較検討することが大事です。

標準的なプランや相場は知っておく必要がある

相模原市は物価の高い関東圏の一角を占めることから、他の地方と比較すると葬儀をするときにかかる費用も高めになっていると考えるのが妥当です。厳密ではありませんが、一般葬の場合でも一式で100万円超がだいたいの目安といわれており、参列者の香典からまかなうことができればそれでよいものの、香典よりも大きな金額だった場合は喪主やその他の親族からの持ち出しとなるため、経済的な負担は計り知れません 。葬祭業者が提案するプランとしては、一般葬や家族葬が代表的で、家族葬は文字通り家族や友人程度の小規模な参列者だけで執り行われることから、価格的にも比較的安くなっています。ただしあくまでも一般葬と比較した場合のことですので、家族葬であっても60万円内外くらいの価格帯を見込んでおいたほうがよいといえます。

葬祭業者によって大幅に金額が異なることがある

相模原市で葬儀を行う場合の一式の価格帯としては、一般葬と家族葬の別はあるものの、100万円台程度の水準は考えておいたほうがよいといえます。しかし実際のところは葬祭業者の選び方によっても大きな格差が生じる可能性がありますので、事前にパンフレットやホームページなどを見た上で、予算の面でも納得のいくところと契約をするのが望ましいことは確かです。 ある程度規模が大きくコスト面を意識している葬祭業者の場合、祭壇などの基本料金から式場使用料などまでを合わせて、一般葬でも良心的な価格で提供しているところもあります。僧侶へのお布施なども別途かかりますが、それでも一般的にいわれる半分程度に、家族葬ならばさらに安価になる可能性があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加